手ピカジェル アルコール除菌 次亜塩素酸水

アルコール除菌品薄 除菌水 次亜水 

コロナウイルスの影響で消毒関係の品々が手に入らない状態が続いています。

手ピカジェルもアルコールジェルでできた除菌剤ですが、なかなか手に入らないようですね。

メーカー希望価格が、¥1,000のところ、ネットショッピングで

調べてみると¥19,000という値段が付いていました。

 

除菌には「アルコール除菌」が定番のように思われますが、

アルコール以外のものでも除菌が可能なものがあります。

 

「次亜塩素酸ナトリウム」は市販品ではハイターなどですね。

強い殺菌力があり水で希釈して使用します。

安価なことと使いやすいことから、良く使用されています。

注意点は酸性のものと合わせると有害なガスが発生する。

皮膚に付くと刺激があるなど危険が伴います。

 

 

 

 

次亜塩素酸 除菌 使用方法

最近一般に注目されているのが「次亜塩素酸水」です

塩酸またはナトリウム(塩)を水に混ぜて電気分解したものです。

 

食品工場などで野菜の洗浄や、調理台の洗浄などに使用されています。高い除菌力と高い安全性があります。

消臭も出来ます。

 

次亜塩素酸水もコロナに有効であることが政府からも発表されています。

 

有機物に触れた瞬間に水になります。

 

 

市販されている「次亜塩素酸水」には200PPM~1000PPMという濃度の原液で販売されているもの、

50PPM~150PPMでそのまま使用できるもの、などが多く売られています。

 

「次亜水」の短所としては使用期限があることです。

原液は製造から半年、水で希釈したものは1か月ほどで効果が落ちてくると言われています。

 

ネットでは色々な次亜水が販売されていますが、中には効果が無いようなものも売られているようなので

レビューや口コミ等を確認することを勧めます。

厚生労働省が推奨しているものなどもあります。

 

一般家庭内での使用濃度は100PPMの濃度であればよいでしょう。

 

我が家でもスプレーに100PPMで、玄関、トイレ、ダイニングテーブル、

キッチンと4本常備しています。

 

スプレーは出来れば細かく噴霧できるミストタイプがお勧めです。

ミストタイプだと空間噴霧が出来天井や壁などにも容易に噴霧できます。

 

外から帰ったら、手のひら、マスク、全身、脱いだクツにもスプレー。

 

テーブルは食事前にスプレー、食事後にスプレー。

 

キッチンも使用前、使用後にスプレー。

 

生野菜や果物にスプレーし60秒、で水道水ですすげばOK

 

消臭力も高いのでゴミ箱やトイレでスプレー。

 

ぬれても大丈夫なところなら、どこでも除菌&消臭が安全に簡単にできます。

 

 

                  皆さんもぜひ、「次亜塩素酸水」を使ってウイルス対策をしましょう!