安全安心 除菌消臭 次亜塩素酸

次亜塩素酸水 ウィッキル1000 除菌消臭

当社で使用している除菌消臭剤はこちらの製品です。

 

厚生労働省が推奨しています。

 

「微酸性電解水」として2000年に誕生し

2002年に厚労省が「微酸性次亜塩素酸水」として

食品添加物として指定されました。

 

2012年より電気分解し生成されたものを

「次亜塩素酸水」と呼ばれるようになります。

 

近年では養蜂関係で巣箱の殺菌にも使用され始める。

 

有効塩素濃度が45ppm前後では、ノーウォークウイルス(ノロウイルス)にもっとも近いマウスウイルスにも

失活効果があり、常温でも50ppmであれば、芽胞菌の

セレウス菌や枯草菌への効果も確認されている。

2017年3月から有効栽培にも使用が可能になる。

次亜塩素酸水の特徴

・塩素濃度が低くても殺菌力が高い

 

・塩素臭の残留が少ない(すすぎが少なくて済む、次亜塩素酸ナトリウム(ハイターなど)のように希釈する手間が省け

 る排水処理の必要が無い)

 

・ノーウォークウイルスはエタノールで不活化できないが、「次亜水」では、MRSAやノーウォークウイルスや

 インフルエンザウイルスに対する殺菌が確認されている。

 

 

 

次亜塩素酸水 噴霧

・塩酸を利用した電解水は食塩を含まないので噴霧することができる。

 

・次亜水の噴霧で、空中の細菌や真菌、SARSウイルスやインフルエンザウイルスを失活できる。

 

・次亜水をドライミスト5ミクロン程度で噴霧すれば、濡れることもなく加湿と同時に感染予防になる。

 

・食品工場や介護施設、病院などで感染予防に使用。

 

・鳥インフルエンザにも効果が認められている。

 

・生ごみ処理工場などでは脱臭として利用。

保存性

次亜水は遮光容器で半年以上、遮光密閉容器で1年以上の保存が可能。

商品

アルコール消毒液より殺菌性が高く低コスト

 

・安全性の高い「次亜塩素酸」は「次亜塩素酸ナトリウム」の代替品として開発された。森永乳業など多くの企業が販売

 

・2009年のインフルエンザ流行の際も有効性が確認されている。

アルコールフリー除菌水 安全安心 次亜塩素酸水を家庭内で使用する

次亜塩素酸水を使用して実験してみました。

 

電動歯ブラシのブラシと本体の間が汚れますよね。定期的に洗わないとヌメリが付いて溜まります。

 

4月1日から1か月間、片方は使用後水ですすいで自然乾燥、もう片方は水ですすいだ後に

次亜塩素酸水100ppmををかけて自然乾燥。

 

上の写真を比べると差がハッキリわかりますね。

ブラシの空洞の奥の部分も左側は黒くなっていました大きく。

右は小さな黒い塊でした。

自宅での次亜塩素酸水の利用法

スプレーボトルでの使用(できるだけ細かい霧が出るものが良い)

 

・玄関ドアやトイレのドアなどのレバーやノブにスプレー、自然乾燥。

 

・トイレの使用後に便座やレバーなどに噴霧。便座カバーが付いていてもその上から噴霧。手を洗った後に手に噴霧。

 空間噴霧で臭いニオイも消臭

 

・トイレや洗面、キッチンなどで手をふくタオルにも手を拭いた後に噴霧すれば、雑菌の繁殖を抑えられて、

 生乾きの嫌なニオイがしません。

 

・玄関の空間、天井に向けて噴霧。靴の外、中に噴霧。ついでに靴下にも噴霧、強力消臭で臭いニオイも〇!

 

・テーブルの使用前、使用後にスプレー

 

・キッチンではまな板を洗った後に、たっぷりとスプレーし自然乾燥、シンクなども使用前使用後に

 たっぷり噴霧、1分程置いたらふき取り。

 

・ゴミ箱にスプレー、シンク下の収納の中に噴霧、冷蔵庫の中もスプレーして吹き上げれば、除菌と消臭が出来る。

 

・エアコンの吹き出し口にもスプレーでカビ防止

 

・フローリングなどの床も次亜塩素酸水でウェットクリーニング。

 

・ペットの粗相にもスプレーで除菌消臭!水なので安全安心です。もちろん人間にも安心して使用できます。

 

外での利用法 次亜塩素酸水

・車にスプレーも積んでおくと便利です。缶ジュースや缶コーヒーなどを買った場合に、カンのニップルを開ける前に

 スプレーしてふき取り除菌

 車内の消臭にスプレー、ハンドルに噴霧してふき取りなど。

 車内に保存する場合は、遮光性の容器が〇(次亜水は光で保存性が低下しますので)

 

・30㎖程度のスプレーに入れてバッグの中に入れておけば、出先でも除菌消臭が出来ます。

 

 

食品工場で野菜の洗浄や調理器具の洗浄に使われているほど安全性が高く、アルコールより値段が安い!

 

次亜塩素酸水は基本は水なので、濡れても大丈夫なところはどこでも使用できます。

 

残留物が無いので、スプレーしたままでもOK!

 

安全性が高いので幼児やペットがいてもOK!

 

アルコールフリーなので発火の心配がありません。アルコール除菌剤であわや火災などということもありません。

アルコールでは肌の弱い方は赤くなることも。

 

 

 

次亜塩素酸 購入の注意点

 

次亜塩素酸はネットショッピングやドラッグストアー等で購入できます。

 

値段もピンキリです。中には単なる水を「次亜水」と偽り販売しているネット業者もいるので

注意が必要です。

 

「次亜塩素酸」は200ppm~1000ppmの原液で販売されているものと、原液を希釈して

販売されているものがあります。

 

原液のものは、水道水で希釈して使用します。

例えば、1000ppmの原液1リットルを購入します。

 

濃度100ppmにして使用する場合

 

原液100㎖+水道水900㎖ で1000㎖の次亜塩素酸水が出来上がります。

 

原液1リットルで濃度100ppmで使用するなら10リットル分の次亜塩素酸水ができます。

 

 

 

希釈せずにそのまま使用するものは、濃度が50ppm~150ppmのものが多いですね。

 

 

購入の際はレビューや口コミなどをよく見て、間違いない品物か確認して購入される

ことをお勧めします。