風呂釜おいだき配管洗浄専門店

    

          ☎ 070-2260-0250

                  (営業電話お断り)

   電話受付時間 9:00~18:00

 

    yokohamanikomaru@gmail.com    メール24時間受付中

 

 

 


風呂釜洗浄 神奈川 横浜

風呂釜配管洗浄

そのお風呂きれいですか?

一番風呂だからきれい・・・

 と、思いの方がほとんどだと思います。しかし見た目にはきれいでも、お湯は汚れています。
浴槽は毎回清掃しても、追い炊き配管の中までは洗浄できませんね。気にかけている方は市販の洗浄剤などを

使用されている方も。
追い炊き機能がついた風呂釜配管の中は、雑菌や細菌の温床になっています。雑菌や細菌は肉眼では見えません。

大腸菌、レジオネア菌、カビなどの雑菌や細菌、湯垢、石鹸カス、入浴剤など日頃の清掃では落としきれなく

配管の中に溜り続けています。

 

公衆の入浴施設などでは、大腸菌や、レジオネア菌対策の為に水質検査が義務付けられているので定期的に清掃、

洗浄を行い殺菌、除菌等行っています。一般家庭では水質検査をすることは、なかなか無いでしょう。

当店では風呂釜の追い炊き配管内を、専用の器材と環境や手肌にやさしい専用洗剤を使用して、細菌や湯垢などの

汚れを除去する専門の業者です。

ATP測定器での検査(水質の汚れ具合が数値で表示されます)も可能です。

(ATP測定器とは、食品工場などで使用している微生物検査器です)

「本当にきれいなお風呂に入りたい」「家族の安全安心な入浴を」とお思いの方、配管内洗浄をおすすめします。

ご自身の目で汚れを、ご確認ください。

 

「ライフサポート にこまる」はお客様の安心安全で快適な入浴のお手伝いをしています。

 

        当社はAIG損保 事業総合賠償責任保険に加入しています。

 


風呂釜洗浄PRO

風呂釜洗浄の必要性

追い炊き機能が付いた風呂釜や、ジェットバスなどはお湯は浴槽から配管を通り風呂釜へ行き、また浴槽へ配管を

通って浴槽へと循環しています。その通り道に入浴剤や皮脂汚れ、石鹸カス、入浴剤、細菌などの雑菌などが付着しヌメリとなります。このヌメリがバイオフィルムと呼ばれるものです。

 

細菌の種類は、大腸菌類、黄色ブドウ球菌、レジオネア菌、カビ菌種など,これらの菌は繁殖すると人体に悪影響を及ぼします。
特に怖いのがレジオネア菌です。この菌が水蒸気(湯気)と一緒に舞い上がり、吸い込んで感染します。(レジオネア肺炎)
レジオネラ肺炎は全身性倦怠感、頭痛、食欲不振、筋肉痛等に始まり乾性咳嗽、高熱、悪寒、胸痛がみられるようになる。

乳児や高齢者、妊婦や病気中などにより、免疫が低下していると感染しやすく急激に重症になり、入浴施設では死亡例も

あります。

公共の入浴施設などでは、ATP測定器などを使用して汚れの数値を基準に洗浄を行っています。

個人のお宅で検査をすることは、まず無いですね。当社ではATP測定器での検査も可能です。

 

お風呂の入浴の準備は、浴槽のお湯(残り湯)を捨てて、市販のアルカリ性の浴室用洗剤で浴槽を清掃しシャワーで、

洗剤を流してすすぎます。その後、給湯リモコンの「自動運転」「お湯張り」などのボタンを押しておわりです。

この時、風呂釜配管の中のバイオフィルムに付着している細菌がお湯に押し出されて浴槽へと出てきます。

お湯張りをしたお湯が生臭い、このような場合は、配管内がかなり汚れていると思われます。

お湯は、見た目では、汚れているか判断できません。ニオイが無くても汚れています。

 

・お湯を張るとゴミが出てくる(配管のサビや、ゴムなどが劣化して出てくることもあります

・お湯が生臭い

・入浴剤を使う

・小さなお子様がいる(赤ちゃんとの入浴前にキレイに)

・ご年配の方がいる 

・前日の残り湯を使う(一晩で細菌数は、数千倍になります。特に夏場は、お湯は毎日取り換えましょう)

・引越先でキレイなお風呂に入りたい (中古物件では、先住の方の使用頻度など判りません)

・家族が多い (人数が多いほど汚れが早く溜まります)

・産前、産後の衛生的な入浴のために。

 

 このように、風呂釜配管内にバイオフィルムが付着し溜り続けると細菌や雑菌が増加します。定期的に配管内の

 洗浄が必要です。

 市販の製品では1か月に1度の洗浄をすすめています。少なくとも半年に1回はプロによる洗浄を行いましょう。

 

当社の「風呂釜洗浄PRO」とは

「住環境テクノライフ社」が開発した特殊機械と専用洗剤を使用し、風呂釜の追い炊き配管内を洗浄する技術です。

高圧洗浄機ではないので配管内を傷めることはありません。

 

風呂釜配管専用に開発された洗剤は市販の物より強力に除菌し、確実に汚れを取り除きます。

「ライフサポートにこまる」は風呂釜配管洗浄で安心安全な入浴のお手伝いをします。

 

 

下記の記事も参考にしてください。

 
「お風呂の残り湯に関して」横浜市の水道・水質情報でもお知らせをしています。↓
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/suido-gesui/suido/suishitsu/oishi/kurashi-2.html


風呂釜配管洗浄 横浜 港北
風呂釜洗浄

おいだき配管洗浄

おいだき機能が付いた風呂釜配管内を環境や手肌にやさしい専用洗剤と特殊機材を使用して、配管内に溜まった湯垢や大腸菌やレジオネア菌、カビなどの細菌や雑菌を除去します。

 

配管内の汚れが出なくなるまで繰り返し洗浄します。

 市販の洗剤では取りきれない汚れなど強力に

除去します。

 

一つ穴で追い炊き機能がついているタイプが作業対象となります。

二つ穴、さし湯だけ、井戸水使用、24時間風呂、大理石などの天然石の浴槽、ヒノキなどの天然木の浴槽などは作業ができません。

 

作業時間 120分~

 


ATP測定(細菌数測定)

ATP測定 風呂釜配管洗浄 横浜 港北
風呂釜洗浄 ATP検査

ATP測定器による微生物の検査

ATP検査とは食品工場やレストラン、病院などで器具の汚染調査、清浄度調査などで利用されている。

細菌などのATP(アデノシン三リン酸)を酵素などと組み合わせて発光させ、その数を数値化します。

 

当社では、洗浄前と洗浄後に検査を行い、汚れ具合を測定してます。

 

当社使用のATP測定器はキッコーマン社が開発したものです。

わずか10秒で結果が判るものです。

 

食品工場などで清浄度検査に使用されています。

清浄度検査とは手指や食品加工設備や調理器具が衛生的に

                          保たれているか常に測定しています。  

                          細菌などによる食中毒などの汚染事故を防ぐために行われて

                          います。

 

左の表は食品工場などにおけるATP検査の基準表です。

 

水道水は30RLU以下なら安全に使用できるということを示しています。

 

浴槽内のお湯に関しては東京都の保健所が公共の浴場や

温泉施設向けに基準を定めました。

 

 0~25RLU 安全ゾーン

26~80RLU 要注意ゾーン

81~以上    危険ゾーン

              と定めました。

 

                             

                              

 

ATP測定 ウイルス対策 除菌

ATPふき取り測定

 

当社ではATPふき取り測定を風呂釜洗浄以外でも行っています。

 

キッチンのまな板、シンクまわり、冷蔵庫の内外、トイレ便座

ドアノブなど、試薬(綿棒)でふき取り機器にセットして

10秒で結果が出ます。

数値の結果をもとに、細菌などがどこに多く存在するかが

判ります。それにより、普段の清掃、除菌などのアドバイスを行っています。

「ATP測定器による入浴施設の衛生管理、レジオネア汚染リスク評価」

 国立感染研究所のホームページ↓

https://www.niid.go.jp/niid/ja/iasr-sp/2252-related-articles/related-articles-400/3605-dj4008.html

風呂釜洗いジャバ
風呂釜汚れ
追い炊き汚れ

湯張りゴミ
浴槽汚れ
風呂釜一つ穴

レジオネア症について

レジオネア症とはレジオネア属菌により引き起こされる感染症(第四類感染症に指定)です。病気の発症としては、

肺炎が引き起こされることがあります。発熱、咳、痰、呼吸困難、頭痛、下痢、意識障害などを引き起こし、

重症化で死亡の例も報告されています。

抵抗力の弱い、乳幼児や年配の方は気をつけなければなりません。

 

レジオネア属菌は、水中や土壌中など広く自然界に存在する細菌です。このレジオネア属菌が消毒されていない水や、20℃から50℃前後の水に混入した時に増殖するといわれています。特に給水給湯設備や冷却塔水、循環式浴槽、加湿器などでレジオネア属菌が見つかっています。

レジオネア症は、レジオネア属菌に汚染された目に見えないほど細かい水滴(エアロゾル)を吸い込むことで

感染します。人から人への感染はありません。

 

レジオネア菌は自然界に広く存在しており、私たちの周囲から完全に取り除くことは困難です。

レジオネア症を予防するためには、感染源でのレジオネア菌の増殖を防ぐことが重要です。

 

追い炊き機能が付いた風呂釜(浴槽給湯設備)は、浴槽のお湯を釜に送り加熱して、また浴槽へと戻しています。

この通り道にヌメリが付着しバイオフィルムが出来て雑菌が繁殖します。

浴槽を毎日洗浄しても、配管の中は普段洗浄できません。

市販の風呂釜洗剤を使用している方もいますが、汚れが取りきれないことがあるようです。

 

レジオネア菌は塩素で殺菌消毒できますがヌメリ(バイオフィルム)の中にいる菌には効果がありません。

 

当社では人や設備に悪影響をあたえる薬品などは使用せずに、バイオフィルムやレジオネア菌を強力に除去します。

 

抵抗力の弱いお子様や、ご年配の方がいるご家庭では1年に一度は追い炊き配管内洗浄を提案します。

風呂釜追い炊き配管洗浄
風呂釜追い炊き配管洗浄 お湯の流れ 浴槽から風呂釜(給湯器)